ミチカの引越し人生〜旅するようにおひっこし

特技は物件探し!15回の引越し経験者が綴るリアル引越しライフ

失恋したらお引っ越し!?新生活がもたらしてくれるもの

   

 

ほとんどの大人は失恋を経験したことがあると思う。
どうやって乗り越えているろうか?

時間の経過が何よりの薬だと言うが、癒えるまでには何しろその時間がかかり過ぎる。

失恋したら髪を切るのが昔からの定番で、確かに気分を一新するには大いに有効な手段である。

喪失感だけで一杯になってしまいそうな心に、とにかく新風を吹きこむ
そうして悲しみを少しでも追い出したり、薄めたりしようという、非常に理にかなった方法だ。

だが気持ちをリセットするのに、髪を切る以上に有効な手段がある。
何をかくそう、「おひっこし」だ。

引越したら待っているのは新生活!
素敵な街の素敵な部屋で、生まれ変わったかのように気分を一新!

…できるからでは、必ずしもない。

いや、それも大きいのだが、その前にやるべきことがあり、それが失恋の痛みに浸っている時間をかき消してくれる。

 

失恋後に引越しを勧める三つの理由

 1.物件探しに未来への希望を込められる

転妻が常に慌ただしく引越し先を探すケースとは異なり、失恋引越しではマイペースで新居を探すことができる。

オンラインで自分の好きな街や憧れの街の物件をチェックしたり、気に入った物件で暮らす自分を想像したり…
そのすべては失恋で打ちひしがれているだけの時間より、はるかに前を向いている。

失った恋は過去のものなので、後ろばかり見ているより早く立ち直ることができるだろう。

なんなら、次の街でイイ男とデートしている自分でも妄想しよう。

 

2.引越し準備の忙しさが痛みを忘れさせてくれる

いざ新居と入居日が決まれば、否応なく引越し準備が始まる。

荷造りに掃除に各種手続きに…やるべきことは山とある。

それらを一つ一つ片付けていくことで、一歩ずつ前に進んでいると実感できるだろう。

悲しみでぐちゃぐちゃの心も、徐々に生理整頓されていくはずだ。

 

3.新しい暮らしには新しい出会いが待っている

風景が変われば、気分も変わる。
暮らす街が変われば、顔を合わせる人間も変わる。

新たな出会いに刺激を受けて心は彩られ、新鮮な気持ちで日々を過ごせるようになる。

いつまでも同じ場所に留まって悲しみに暮れているより、経験値が上がって視野も広がる。

新しい場所には常に、それまでとは違う面白いことが待っている

 

失恋引越し準備でぶち当たる壁

失恋引越しに向けた荷造りの途中、ふいに襲いかかってくる強敵がいる。
「思い出の品」というやつだ。

記念日にもらったプレゼント、おそろいで買った食器や雑貨、旅先のお土産などが、強烈なビームを放ってくるだろう。

それらを見て涙するくらいなら、さっさと手放してしまえばいい。

だが捨てるとなると未練が生じたり、商品自体をもったいなく思ったりする。
実際、物には罪がないし、むやみにゴミを増やすのはよろしくない。

 

こんな時、ぜひ利用したいのが買取サービス

インターネットで申し込み、自宅から発送し、査定後に代金を振り込んでらうシステムだ。

以下のサービスは宅配キット・査定料・送料・振込手数料・キャンセル料などすべて無料であり、対応が迅速なのが三社共通の特長だ。

使用に問題ない程度であれば、多少の傷や汚れがあっても買い取ってくれる。

 

<ブランドもののバッグや洋服を売るなら>

【ブランド買取専門 ブランディア】

特徴:利用者数150万人の買取実績。
取扱いブランドの幅が広く、その数6,000以上。

【買取専門店daikichi】

特徴:他では扱いの少ない金券や切手も買取可能。
200店以上の実店舗を展開しており、圧倒的な数の査定経験を基にしたノウハウで、正確かつ迅速に査定。

 

<ジュエリーを売るなら>

別れの後の想い出の整理には★【リファウンデーション】

特徴:宝飾品の専門買取サービス。
金やプラチナ、ダイヤモンドに関しては買取相場表が公表されており、それに基づいた明朗計算。

 

やや手間がかかるが、オークションで売りさばくという手もある。

匿名で利用できるエスクローサービスがあり、トラブルが少ない楽天オークションがオススメだ。

(出品者登録はコチラ↓から。)

 

ただオークションは売れるタイミングが読めないので、引越し前には買取サービスがより便利で、計画的に利用しやすい。

 

まとめ

一人暮らしならば身軽に引越せるし、実家住まいの場合、これを機に独立して自立した人間になるのも良いだろう。

元々同棲をしていて別れと共に解消となった場合はかなりの痛手だが、家具家電付きアパートやマンションなら手ぶらで引越すことができる。

 

そうして新居で一息ついた時、一つの山を越えたことにふと気付くはずだ。

手間暇がかかる引越しをやってのけたことで、必ずや達成感を感じられるだろう。

 

あとは小説か映画の主人公にでもなった気分で、新しい生活を楽しんでほしい。

実際、人生の主人公は自分自身にほかならないのだから。

 

 

 - 恋愛とおひっこし

メトホルミン